読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜鷹のカッツェ

後藤カッツェの独り言

500円貯金

 500円玉が財布にあったら貯金箱にいれる生活を半年ほど続けている。

何枚貯まったんだろ?と気になっちゃうので500円コインケースを100円均一にて購入した。 



目に見えて何枚貯まったかわかる!!


1ケースにつき2万5千円収納できるケースが今二つ貯まった。


つまり5万円貯金できたのである。


(嬉しい)


コインケースは3つしか持っていないので、これから貯まるであろう500円玉たちをどこにしまおうかしら。


今いる500円玉を定期預金にぶち込むのが一番良いかなと思ってはいるけれど、500玉貯金の面白い所は貯まった500円玉を眺める事だと思う。


定期預金に入れてしまえば数字の羅列になってしまう。


目の前の巨乳ちゃんと、グラビア写真集とでは感じる喜びは違うであろう。


どちらも股間に熱く来るものがあるはずだが、硬直具合はおそらく違う


触れて楽しめる硬貨やおっぱいと、目で楽しむ通帳とグラビア写真集。



巨乳をいつも家に置いておくのは少し邪魔であったりするし、部屋の面積には限りがある。


このまま傍において、自分が楽しみたい時に楽しむ生活もいいかなと思い始めた。



ずっと触っていたいおっぱい。

近くにあって気が向いた時触れたら最高なのにな…


でもケースは3つだけ…


今私が所有してる500円玉をおっぱいのカップサイズに例えるならばAカップである。(5万5千円)


このまま家に留めておき500円玉をひたすらため続ければ爆乳になれるはずなのだ。


手のひらに収まり切らない爆乳、


一度は触ってみたい



触れた心地はおっぱいとは違う硬くて冷たいものではあるが


このおっぱいを使えば、本物の柔らかくて温かいモチモチおっぱいを買えるのである。


500円玉貯金侮るなかれ、貯めれば貯めるほど高級なおっぱいを触れる機会が増えるのだ。





そのモチベーションを保つためにも、やはり目に見える形で努力がわかる、銀行に預けないで家置いとく方法で私は500円玉貯金をしたいと思う。



まっていてくれよ!おっぱい!