夜鷹のカッツェ

後藤カッツェの独り言

一年前より元気!(暗いです

 こんばんは!

去年の1月26日の記事を読み返しました!当時は気が病んで仕方なくて今より酒の量も多かったし、富良野で死のうと思ってました。でも今では毎週レベルで顔を合わせる友達や学友が出来たり、将来脳外科の看護師になりたいなどの夢を持ちました。死なずに過ごせば世界は良いように変わるんですねと感じました。



 心療内科で薬を処方していただいてましたが、私はアルコール依存の気があるので服薬は難しかったです。

ラミクタールの副作用で湿疹めちゃ出ていたんだなと、その時は本当に辛くて薬が無かったら駄目だったかもしれません。薬は私のやる気等全て奪いまして、頭がボーッとする感覚を与えてくれました。そのおかげで私にとって辛い現実を意識しなくて済みました。しかし、現実から目を背けても、背けた分だけ世界は進んでいきます。取り残されて結局一人ぼっちでございます。一人ぼっちは語弊がありまして、私は一人ではありませんでした。私が勝手に一人だと思って人から離れただけでした。


 一人ぼっちやわ、と考えていました。友達がいることを忘れていました。飲み会に誘ってくれたりサークルに参加させてくださった人達のおかげで私は今元気です。私は無能で何の魅力もありません。そんな私に魅力をくださった過去の人には常々感謝しております。みんな大事な人だと感じています。私に関わってくださった皆様ありがとうございます。みんなのこと大好きです。