夜鷹のカッツェ

後藤カッツェの独り言

気が触れたのはいつからだろうか

 Googleフォトを利用し始めました。後藤カッツェです。こんばんは。スマートホンの使い方をいまいちわかってなかったので、写真撮りまくって容量不足、撮影できませんと通達が度々現れた。パソコンにバックアップというものも取ったことがなかった。撮影できません言われたらブレてる写真や連写したものを削除して対処してきたiPhone5sは限界が来ていた。なんとかしないと!と思ったらGoogleフォトの存在を知りました。共有もしやすいし、パソコンとスマホで見やすい!便利だ!!ダウンロードしよう!!と鼻息荒げてアプリストアへ向かう。








 ストレージが……不足しています……。


そうですか……



youtube消そう……



最新のiOSに更新しないとGoogleフォトがダウンロードできないそうだから、スマホ内のyoutube消しました。やっと人様と同じiOSになったようで、早速Googleフォトを始めたのです。良いコンデジ買ったのに活用していなかったのですが、8月に山梨旅行した時に使いました。その写真を彼氏に送りつけるのにGoogleフォト便利や!とダウンロードしたかった。思い出を共有したいという願みを叶えるために、私はGoogle検索で見慣れないワードを打ち込んだ。普段は「猫」「黒髪長髪男子」「さくら企画」というワードばかりなのに、今回は「Googleフォト ダウンロード 」と検索をかけた。




 今は調べたい事を単語で覚えてさえすれば、知りたい情報に近づけて便利ですね。親指でフリック入力するだけで知りたい情報が秒で手に入る。素人投稿風なものが見たい!と思えば「素人 ナンパ」のように画像検索かけたりすれば夢が広がる。今回のGoogleフォトも検索で得た情報で無事にダウンロードできた。スマホに宿便のように詰まっていた思い出をGoogleフォトに詰め込み、スマホ内アルバムの削除を繰り返した。




 1時間くらいで私のスマホは空っぽになった。スマホの記憶は2016年6月から始まるようになった。たまーにアルバム見せ合う機会がある時、最近の写真しか無いと空気が白ける。あー今度でいいよ、、と話題が終わる。そんな心配をしていたから私のスマホは思い出がパンパンでありました。でも今はスマホ内に無い画像がすぐに見れる、そうGoogleフォトならね。と意気揚々。過去を振り返ってみた。2013年がチョロっとある。過去の私の写真が出てきた。2014年2015年は無かった(パソコンに保存してるかな?)2015年年末から2016年を謳歌する私がGoogleフォトにいた。


自撮りをたまに撮ってるのですが、見返すと面白いですね。今と背格好や服装が全然違うから一人で楽しめた。19歳の私が一枚あって、22歳、23歳、25歳、26歳と歳を重ねてきた自分を振り返りました。私は私なのかな?と自己同一性に故障があったり、酒に酔って記憶飛ばす事もあるので乖離の気があります。そんな私でも今まで私として生きていたなと実感できました。記念写真って大事だなと思ったのです。昨日ね。



 なので昨日自撮りをTwitterに晒し上げていました。こんな私もいた事をみんなに知ってもらいたかったのかな承認欲求でした。自分が生きてると思いたかったのかな?よくわからないけど、少し自暴自棄になってました。いつか肉体的な死が訪れたり老けて醜いと言われるの日が来るのが怖くなってしまった。あれだけ死にたかった日々が今まで生きていると、かけがいの無い日常だったのではないかと感じるようになりました。毎日思い通りにならない日常に対して涙を流したり、毎日心優しい友人を罵倒したりと情緒不安定全開で生きてきたのに、いざ死にそうになると怖くなる不思議です。




 肉体的な死は事故など予期しない事でやってくる。天災や人災もろもろ人間が他の動物よりも生活しやすい環境を整えたとしても、逃れられないものが沢山ある。緩やかな死が私の行く末にあると思っていたのに、よく見たら足を踏み外せばすぐ死ねる世界でした。なんてこったパンナコッタですよ、もう。逃れられない死はあるけれど、延命的に生きられる手立てがある気がしてきたのです。Googleフォトを利用してみて思ったのです。




 Googleフォトが画像流出したら回収完璧には無理で、忘れられるしか方法が無いような感じですよね。逆転の発想で、どんどん自撮りなど流出しまくって、人の記憶に残りたくなりました。昨日はそんな気分だった。忘れられて結構、と思っていたのに少し妬んだのです。私の事忘れて幸せになるなんて……と初めはそんな意識でした。サブリミナルのように自然に誰かの頭の中に入って行きたくなった。それだけです。



 私の事を知ってる人はどのくらいいるんでしょうか、どんな印象であれ私を認識してる人は何人いるのかな。良い意味で私を覚えてくれてる人よりも酒癖の悪さで嫌な思い出を植え付けてしまった人もいると思います。覚えていて欲しくなっただけです。いつかさくら企画に出たら、あれ?見たことあるなと回想してもらえたら嬉しいな。でも名前や単語が思い出せない、そんな程度の記憶に残りたい。思い出せないくらいの存在感になりたい。Google検索で余計な情報手に入れられたら困るから、どうか顔だけ覚えていてね。



f:id:katze510:20160905181404j:plain


愛猫のジャック君と




f:id:katze510:20160905181433j:plain


こっちは酒キチのカッツェ