夜鷹のカッツェ

後藤カッツェの独り言

前期の実習が終わりました

 学生生活満喫しております!後藤カッツェです。就職も決まって残す試練は後期実習と国家試験だけであります!!!!



試練とされる実習がまだ残っておりまして、夏休みは頑張らねばなりません……小学生から始まった学生生活、私は宿題を最後に残しがちである事と家だと寝てしまうから記録が書けないという生活習慣に問題があるので、夏休み期間で少しだけでも修正していかねば夜鷹(俗にいう立ちんぼ・売春婦のこと)になるほかありません……。



朝の歌舞伎町を歩いていると、夜遊び疲れた若者や元々路上生活か?という人が地面で眠りこけている姿を多々見かけます。色んな人生あるなと吐物に塗れた道を歩むと若い女の子二人、コンビニ脇に腰掛けて何かを見つめている。



「汚ねぇ神待ち消えろ」



悪意に満ちた発言の先には150cm70kg越えているだろう衣服お洗濯してなさそうな系ミニスカ女子と夏の暑さとホテルに向かう歩みが強いクールビズ中年おじさんのカップル。風がそよいでスカートが捲れて純白の布が見える。見えたら女の子達が野次を飛ばす、汚いもの見せんなと、知り合いでも無さそうなのに悪態吐いているAM7:50歌舞伎町住人。ミニスカ女子はクールビズ中年に向かって「パンツ見えちゃった☆」と年齢に合わないロリボイス。微笑むクールビズ。この二人の関係についてはお金で買ったのか恋人なのかはわからないけれど、幸せそうだ。二人が幸せならそれで良いのか、周りにとって不快であったら罪なのか、周りといっても二日酔いギャル二人だけがアベックに向けて悪態ついてる。その他の歌舞伎町の人達は開店作業やナンパや観光してる外国人。だれもアベックの事など気にしてない。ギャル二人の会話も二人だけの会話だから、二人が楽しければそれで良いのかな。むしろ私みたいに他人の会話盗み聞きするようなカスが罪なのかもしれない。良いも悪いも無いのかもしれない。




 アベックとギャル2人と足が攣ってる後藤カッツェ、もう二度と会うことも無いけれど神待ち(売春婦みたいな事してる人です)してるとギャルが怒って、クールビズ中年おじさんは微笑む。神待ちという行為に二つの違う感情がぶつけられている事が面白かった。私はアベック見て楽しそうでいいな、朝からハッスルですか?おお?お盛んねぇ〜と下世話な事を考えながら目的地まで歩いただけの一日でした。もっと実りある一日にしたい。例えば穴掘ったら石油が出るとか……醜い夜鷹は夜に鳴く〜〜。終わり