読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜鷹のカッツェ

後藤カッツェの独り言

ぎゅうぎゅう

満員電車ですし詰めにされて異性と密着祭りなのに、恋に発展しないのはおかしい。


こんなに身体は近いのに、心は遠く別のところにあるんだね。


ゆきずりの恋だってそんな感じ、

今日すし詰めになった異性と明日は会えないもんね。


人波に押し潰されて吐息が漏れる声も車両から出てしまえば、乗り換えに急ぐ革靴の騒音に掻き消されてしまいます。


さようならも無い電車の中で今日も祈るように目を閉じるサラリーマンを見て思う。


望む目的地はそれぞれ違うけれど、今日も一日頑張ろう。明日は花金。


私が道端に酔って倒れていたらよろしくね。


今日も明日も電車に揺られて、私はこれからどこに行くんだろうな〜と目的地以外の将来の事に思いを馳せる。

夜鷹のカッツェは陽を見れるかな。青々しい芝が私の庭にも生えてくれるかな。

電車の中って暇。

特に満員電車は手の可動域が減るから余計に暇。


暇とか言ってたら人の雪崩に巻き込まれたよ。


常に注意深く足に力をいれろ!と神様に叱責された気がしますのでがんばります。